未分類

髪の毛に大事な栄養

こんにちは、トシオです。

髪の毛に栄養を与えようっていう話を前回しましたけど、実際栄養って何でしょうね?

と思って調べてみました。

髪の主な成分はケラチンっていうたんぱく質なんだそうです。ケラチンっていうのは聞いたことが少しある気がします。あれってタンパク質なんですね。で、ケラチンを生成するのはアミノ酸で、そのアミノ酸の多くは体内では作られていない必須アミノ酸であるそうです。これらは食事とかから摂らないといけないんだそうです。

つまりは栄養はバランスよく摂らないとっていうのはそういう事なんですね。

ただ、タンパク質は髪の毛にだけ使われるわけではないですよね。臓器、血液、神経細胞とかを作ってくれたり、修復する為にもタンパク質は使われています。髪の毛は栄養が行かないからといって死ぬわけではないので、当然これらに比べたら優先順位は低いので結構後回しになってしまいます。髪の毛にまで栄養が行き届く分までタンパク質を摂取すれば良いのですが、なかなか難しい時もあると思うので、そうなると栄養が髪の毛にまで行き届かなくなります。

そうすると髪の毛は痩せていき、コシやハリなんかがなくなってしまうのです。そうならない為にも積極的にタンパク質を摂取して髪の毛にも栄養が行き届くようにしないといけないのです。

それから亜鉛などのミネラルも髪の毛の成長には欠かせないので、これらも積極的に摂取していきたいものになります。

それからタンパク質を無駄なく吸収していくためには必ずビタミンが欠かせません。

というか、ビタミンはどこを取っても必ず出てきますし、もはや不足しちゃいけない栄養素ですね。

気をつけないと…。

未分類

薄いと感じたらやるべきこと

こんにちは、トシオです。

髪の毛が薄くなったと感じた時、まずやらないといけない対策があるみたいで、それを調べたので紹介しますね。

その対策は3つあって、

・育毛剤の使用
・生活習慣の改善
・シャンプーや洗髪方法を見直す

です。

育毛剤の使用は多分薄いと感じたら誰でも取り組むと思うので、まぁこれはいいとしましょう。

生活習慣の見直しですが、これは多分栄養不足とかですかね。若いからいいやって思って調子にのったツケがまわってきましたかね(;´・ω・)

少し栄養のバランスを考えて食べるようにしないとなぁって思いながらもなかなかできてない状態です。

それから、質のいい睡眠。

髪の毛は寝ている時に修復したり新陳代謝が良くなったりしているみたいです。

なので、6時間くらいを目安にしてよく寝て、22時~2時の間に多く睡眠をとるようにすると良いみたいです。

この22時~2時は髪の毛のゴールデンタイムと言われているみたいで、この間に多く睡眠をとっていると髪の毛は修復が進んで生えてくるようになるんだそうです。

本当かどうかはわかりませんけど、まぁ物は試しといいますので、とりあえず実践してみようと思います。

それから、シャンプーを変えたりするという事ですが、自分にあったシャンプーを使用していないとダメって事ですかね。これは見つけるまでが大変そうですけど、まずは痛んだ髪に栄養を与えてくれるシャンプーとかから試そうと思います。

あとは、髪の毛を強く引っ張る行為をやめると結構回復が早いんだそうです。

昔、髪の毛を染めていて、セットするのにワックスで引っ張りながらセットしていたので、これが原因で髪の毛が減ったんですかね?

失敗したなぁ~。

未分類

若ハゲはなぜ起こる?

こんにちは、トシオです。

若ハゲになってしまってからというもの、髪の毛の色とかは落ち着いてしまいましたが、それ以上にこのハゲてしまった箇所を隠さないといけないので、試行錯誤を繰り返している状態です。

でも、ここで疑問が。

なんで若ハゲが起こるのか、です。カラーとかパーマをやり過ぎてしまったのも原因の一つだと思いますけど、それだけではないはずです。

そこで、少し調べてみたら、ヘアサイクルが乱れてしまうと起こってしまうと書かれていました。人の髪の毛は一定期間で生え変わっているようで、その生え変わりの事をヘアサイクルと言うそうです。

因みにこのヘアサイクルはまとまった本数で決まっているわけではなく、一本一本にそれぞれあるみたいです。髪の毛は2年~6年かけて成長した成長期、2週間程度髪の毛の成長期が止まる退行期、その後4カ月程度は完全に成長が止まってしまう休止期を迎えて最後に抜けるようです。

若ハゲはこのサイクルが乱れてしまう事で起こってしまうようです。この乱れは、成長期が異常に短くなってしまうようです。

髪の毛が通常通りに成長すれば問題ないのですが、十分に成長する前に紙が休止して抜けてしまうので、細い毛ばかりになってしまい、全体に薄くなってしまうんだそうです。

 

 

普通のヘアサイクルであれば髪の毛全体はほとんどが成長期です。しかし、成長期にあるはずの髪の毛の割合が全体的に減ってしまうので抜け毛が多くなるんだそうです。

つまり僕の髪の毛は成長期が短くなってしまっているって事なんですね。

理解できました。

では、どう対処していけばいいのかですが、それはまた調べて次回にでも書こうと思います。

未分類

整髪料の健康被害

こんにちは、トシオといいます。現在24歳のフリーターです。実は仕事とは別にバンド活動をやってまして、地下のスタジオでガンガン演奏しています。ちなみに僕はボーカルですよ♪

一応バンドなので、あんまり地味すぎるのもどうかと思いヘアスタイルは拘ってます。カラーリングやパーマは当然のごとくやってますね。髪型が決まると演奏にも力が入ります!

しかし忘れてはならない問題点が!実は若ハゲの疑いがあるのです(汗)。まあ髪に悪いことばっかりしてますからね、当然です。

髪への作用を詳しく見ていくと、カラーリングやパーマがどれだけ髪に悪影響を与えているのかよく分かります。

カラー剤は、薬品の力で髪の毛本来の色素を破壊して、人工的な色に置き換える作用です(汗)。当然元々あった色素を破壊すると、どうなるかの保証は解かりません。まあ、いいことは無いでしょう(笑)。

パーマ液に関しては、本来のケラチン結合された髪の形状を、薬品の力で切り離します。そこへヘアアイロンなどの熱の力でもって、形状をイイ感じに変化させ、再度ケラチン結合させてその状態をキープするというものです。

う~ん、詳しく見れば見るほどハゲそうな予感しかしないです。とりあえず、カラーとパーマはやめにします。結構地味な頭になってしまいますが、若ハゲよりかは全然マシですよね。

しかし、これまでのマイナス分も取り戻さなくては、ハゲ時期が延びるだけです。他にも対策を考えてフサフサにしようと思います。