未分類

若ハゲはなぜ起こる?

こんにちは、トシオです。

若ハゲになってしまってからというもの、髪の毛の色とかは落ち着いてしまいましたが、それ以上にこのハゲてしまった箇所を隠さないといけないので、試行錯誤を繰り返している状態です。

でも、ここで疑問が。

なんで若ハゲが起こるのか、です。カラーとかパーマをやり過ぎてしまったのも原因の一つだと思いますけど、それだけではないはずです。

そこで、少し調べてみたら、ヘアサイクルが乱れてしまうと起こってしまうと書かれていました。人の髪の毛は一定期間で生え変わっているようで、その生え変わりの事をヘアサイクルと言うそうです。

因みにこのヘアサイクルはまとまった本数で決まっているわけではなく、一本一本にそれぞれあるみたいです。髪の毛は2年~6年かけて成長した成長期、2週間程度髪の毛の成長期が止まる退行期、その後4カ月程度は完全に成長が止まってしまう休止期を迎えて最後に抜けるようです。

若ハゲはこのサイクルが乱れてしまう事で起こってしまうようです。この乱れは、成長期が異常に短くなってしまうようです。

髪の毛が通常通りに成長すれば問題ないのですが、十分に成長する前に紙が休止して抜けてしまうので、細い毛ばかりになってしまい、全体に薄くなってしまうんだそうです。

 

 

普通のヘアサイクルであれば髪の毛全体はほとんどが成長期です。しかし、成長期にあるはずの髪の毛の割合が全体的に減ってしまうので抜け毛が多くなるんだそうです。

つまり僕の髪の毛は成長期が短くなってしまっているって事なんですね。

理解できました。

では、どう対処していけばいいのかですが、それはまた調べて次回にでも書こうと思います。